郡上八幡 備前屋


250年以上の歴史を誇る郡上八幡の中で、現存する最も古い老舗旅館。
和そのものの造りは歴史の趣そのもの。
庭園を前にして、その佇まいを忍ばせる。

ふすまで仕切られたお部屋。縁側、欄干から臨む庭園には苔生す岩、山を借景に四季の彩りを感じる。
郡上八幡の風情に溶け込み、美味とともに寛ぎの空間をゆるやかに遊ぶ。
日本の旅路にふさわしい旅館をお楽しみください。

郡上八幡 備前屋


この地の由来は鎌倉時代に通じ、後の世の永禄二年(1559)遠藤盛数が城を築き初代城主として治めたのが城下町の起源と伝えられております。
長良川の支流、”小駄良川”、”吉田川”の清流をいただく地として、歴代城主達の手により現在の区画割、町を流れる用水など整備されていき、小京都の謂れを持 つ城下町が整備されていきました。
そんな歴史の中に生まれた様々な文化。特筆すべき「郡上おどり」は日本を代表する伝統の盆踊りとして今なお多くの方から愛されております。

歴史の動乱、承応・大正の大火などで築き上げてきた城下町の風情。
職人町、鍛冶屋町、町家町などの今尚残る縦格子の家並み。
防火のため突き出た袖壁が連続して並び、用水路が町中を流れる。

目を配れば京都に習う通りの目の整った区画の城下町。
石畳に格子造りの佇まい。
そんな情緒ある街並み。

職人町

江戸時代の面影を今にまだ残す職人町。造りの揃った並びが雰囲気を整えます。


鍛冶屋町

整備された用水路を取り入れる仕組みをたくみに使う、水とよりそう営み。


商店

豊かな山々と清らかな水が生んだ、郡上の名物たち。
のれんの味から伝統の味まで楽しめます。


せせらぎの水音聞こえる「水の町」の由来
生活用水と重なる大火からの防火目的を兼ねた水路が町中を縦横に巡ります。小駄良川、吉田川や乙 姫川、初音谷川の恵みを利用し暮らしの中に活かしています。
湧水も豊富で「宗祇水」に代表される用水路が豊かな流れを今でも見てとれます。
用水は生活の中でも役立てられています。堰板を使い引水、また共同の洗い場「カワド」として利用されています。

↑画像をタップすると拡大されます↑

郡上八幡といえば「郡上おどり」!
今では日本三大盆踊りと数えられるようになり、毎年多くの方に訪れていただいて本当にありがたいことです。
古い歴史を伝えるこの地に来ると、、五穀豊穣などの祈り、当時の喜び・・・、古来日本は本当に様々な祭事が多いことが伝わってきます。
四季のイベントをチェックして、お越しになるのもおすすめいたします。
詳しくはこちらのページへどうぞ。

郡上八幡 備前屋


城下町の街並みに溶け込み、情緒を醸し出している造り。
中でもここ備前屋はもっとも古い老舗。
昔からの気軽に人と触れ合うおもてなしを大事にしております。


前屋の文字と日の陰る頃にほのかな提灯の明りある門構え。
夕闇にそっと旅の方たちをお迎えします。

木のぬくもりと畳の感触が優しい木造純和風。日々生ける花。
昔からの古民具。茶器。
女将さんの飾らない人情味と家庭的な雰囲気が伝わってくるようです。
創業当時の家造り職人達のこだわりが随所に。
廊下に張られた栃の一枚板など、今ではなかなかない贅沢なもの。
欄干から眺める郡上八幡ならではの坪庭も風流の一言です。

旅の1日を寛ぐ、豪奢に飾り立てないお部屋です。
日本家屋の美しさをそのまま残した和室。
開け広げれば縁側から庭をそのまま眺められます。

↑画像をタップすると拡大されます↑

お食事は別室個室にてお寛ぎいただきながらお召し上がりいただけます。


昔ながらの造りのためご了承くださいませ。

お庭に面したお部屋には雪見障子。
町屋の趣をそのまま残し伝えたい・・・。
※室内金庫を設置してございます。
また、貴重品のお預かり承っております。

庭に構える備前屋の離れ。
バス・トイレ付きですので、離れならではの空間をお寛ぎいただけます。


長旅お疲れ様でした。
のんびり旅の疲れをお癒しください。


郡上の美味を宴の一時に。

城下町の夜を愉しむ宴の一時。
風情ある城下町。料理旅館の美食をご宴会の席でお楽しみいただけます。
古くからお泊りの方とともに、ご宴会のご利用で多くの方々からご贔屓いただいております。
和の造りの建物と欄干から望む庭が風情を一層と盛り上げ、時間を忘れた賑わいの雰囲気の中、備前屋の美食をごゆっくりお楽しみください。

郡上八幡 備前屋


備前屋にお越しいただいたら、是非にも食べていただきたい味覚。
和のお食事の中に旬の遊び心を加えた会席料理。
季節の彩りを鮮やかに盛りつけ”料理旅館”の銘をそのまま味に伝えます。
ひとつひとつに手を抜かない。こだわりが感じられる内容でありがなら、「ご満足をもって召し上がってもらえれば」と笑顔で語る自然体の姿勢。
おもてなしの満足の中にも遊び心を忘れない。

飛騨牛、郡上鮎、ぼたん鍋
清流に囲まれ、日本の山が育んだ自然の恵み

地のものと旬の味覚


郷土料理の味わい


上品な中に遊びの味わいを


ここでしか味わえない鮎を求めて長良川で釣りをする人も多くおります。
日本でも有数の銘水が生み育んだ鮎。「郡上鮎」のブランドを冠するここ郡上の銘品です。

↑画像をタップすると拡大されます↑

岐阜を代表する看板ブランド「飛騨牛」。
飛騨牛は同じ岐阜県の飛騨地方で良質の牛肉として全国に名をはせる美味。
するりと舌にさわるような味わい。
肉の焼ける音が雨音の滴る音にも似た最高の美味をご賞味ください。

↑画像をタップすると拡大されます↑

冬はやはり鍋。
それもこの地の猪肉は絶品です。
ぼたん鍋でいただく美食。
満足とともに体も温まります。

この地元の各家庭に昔からつたわる地の食材に「郡上味噌」があります。
今では郡上八幡のお味噌屋さんでも売られている名物。
朝食のお楽しみにどうぞ。

ゆっくりとお寛ぎしながらいただくお食事は格別なもの。
個室をご用意しておりますので、他の方を気にすることなくお楽しみいただけます。

豊富な旬、地の野菜
岐阜は木曽三川に育まれ、飛騨山脈の山岳、ひるがの高原や揖斐高原、濃尾平野や高山盆地など多様なところ。
文字通り自然に囲まれ、ここ郡上八幡は清流長良川の恵みをいただくなど、天の恵みの豊富さに驚くばかりです。

郡上八幡 備前屋


手入れの行き届いた樹齢50年のシャクナゲが静かに咲く。
大げさな主張のない自然。
山を借景にした苔の生す日本の庭園。
四季の移ろいがそのままここに感じられます。

庭を散策し美しい景物を眺め、四季の表情豊かな草木を愛でると、「日本の美」をそのまま感じるようです。心に映る情景をそのまま吟じたくなるほどに。
学び舎の趣が香るからでしょうか。

郡上城の山斜面を借景にして、木々の装いもまた自然の情景、四季の移ろいをかんじることができます。
時に新緑が生い茂り、季節が巡れば白雪に染まる。
絶滅危惧の日本の固有種モリアオガエルが卵を産み、自然が豊かであることをそこからも感じられます。

↑画像をタップすると拡大されます↑

清らかなつくばい


しゃくなげが色づく


春めく季節には桜が


門越しに眺める庭の風景もまた趣があります。
通りから備前屋を望むと門のそばに「潜竜館」の史跡のなごりを伝えるパネルがあります。
郡上八幡を訪れる多くの方がこの造りにふと足を止めます。

郡上八幡 備前屋


先述のとおり郡上八幡は古都の小京都といわれがあり、城下町の趣を今に伝えます。
そぞろ歩くにも程よい広さで、気軽に散策するにはもってこいです。お越しになって一休みされたら、ぜひともこの町角を巡ってみては。
今もこの町に暮らす人も多く、豪奢に飾らないそのままの姿に心ゆるやかになるのではないでしょうか。

町を歩くと必ず目にするのが水路。「宗祇水(そうぎすい)」や「いがわ小径(こみち)」など今でも生活用水として使われており、その場面を目にすることができます。

郡上八幡の趣を感じられる名所を少々ご紹介します。
歩いて気軽に巡ることができるところばかりです。気ままに情緒に触れ合うことができますよ。

室町時代数々の連歌を残した漂泊の連歌師「宗祇」が、当時の郡上領主であった「東常緑」と歌を交わしたところとして今に伝わる由緒ある泉。小道を入ると石畳の路地がむかえてくれて、さり気なく佇むんでいる様がなんともいえません。

郡上の町を見下ろす城下町たる所以。 白壁と石垣で築かれ、天守閣を構える4層5階建ての城です。
備前屋とも縁のある青山氏も居城し、400年以上に渡る激動の変遷を送りました。
徒歩で登られる方も多く、駐車場も完備されていることから気軽に訪れることができます。

山内一豊とその妻千代の像がある麓の公園があります。
桜の季節には城を望み桜吹雪の如くの美しい風景がみられることも。

入場料金:大人(高校生以上)300円
※団体250円 子供(小・中学生)150円
※団体100円 団体=20名以上

格子窓、卯建(うだつ)様の袖壁ある木造の家並みが続き、整然と区画割された城下町の佇まいが京都の古き町並みを連想されます。 事実、古い歴史の中で大火に見まわれ再興の際京都を意識されたとも言われています。
車道歩道の分けがない、広い路はのんびり歩くことができ、当時の情緒を感じられます。

水の都と言われるように、郡上八幡は用水路が通りを巡り豊かな流れがあちこちで見られます。「宗祇水」も然り、今もこの水路は生活に活かされており、欠かせないものであることが伺えます。

長い歴史と文化の中で多くの寺院が建立されました。この町の中に実に13の寺院があり、それが小京都の趣を強く感じさせてくれます。
川・水路が巡れば橋が 架かり、画一的ではない様式がそれぞれの歴史を伝え、風土に根ざした銘品が生まれれば名店を。
歩くたび目に飛び込む歴史の風情が感じられることでしょう。


宮々瀬橋


新橋



清水橋


善光寺



安養寺


洞泉寺


城下のなごりが今に残すものに名店が軒を連ねます。
「郡上味噌」や地酒などお土産にも最適なものから、地元の人たちが利用する生活用品店などもこの町に溶けこむようにあります。
近年では食品サンプルの発祥地として、今も全国の半数以上のサンプルを送り出しています。


郡上八幡 備前屋


お泊りの際はぜひお読みください。旅がよいものとなりますように

〒501-4214 岐阜県郡上市八幡町柳町264
お電話番号:0575-65-2068
ファックス:0575-67-0007

お越しの際はこちらのアクセス情報をご参照ください。

インターネット予約
インターネットで24時間いつでもご予約いただけます。
お電話でのご予約
お電話でのお問い合わせはこちらへ
受付時間:9:00~21:00
※お電話の際は「ホームページを見た」とお伝えください。

昔ながらの造りのため、ホテルや一般の旅館などと比べてご不便に感じることもあるかと思います。
ふすま仕切りのお部屋もそのひとつでございます。
これも風情と感じていただけますよう予めご了承くださいませ。


総部屋数
9室
お風呂
大浴場 家族風呂
チェックイン
15:00~
チェックアウト
~10:00
キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。
連絡なしの不泊/不着:宿泊料金の100%
当日:宿泊料金の50%
アメニティ
・お茶セット ・ハミガキセット ・カミソリ ・くしブラシ 
施設設備
・テレビ ・ファックス(貸出) ・ドライヤー(貸出) ・アイロン(貸出) ・ボディーソープ ・シャンプー ・リンス ・バスタオル ・浴衣

よくあるご質問をまとめました。ご予約の際にお役立てください。

大人数収容の宴会場をご用意しております。
欄干から望む備前屋の庭をご利用になった際には御覧くださいませ。
景色と共にいただく宴の一時はまた格別なもの。

郡上八幡 備前屋


電車でのアクセス方法
電車でお越しの際は、JR美濃太田駅から長良川鉄道をご利用願います。
(JR名古屋駅から東海道本線に乗り岐阜で高山本線にのりかえてJR美濃太田駅)
長良川鉄道…http://www.nagatetsu.co.jp/
お車でお越しの方
・東京方面より
東名高速道路⇒[豊田JCT]⇒東海環状道⇒{美濃JCT]⇒東海北陸道⇒[郡上八幡IC]
中央自動車道⇒{土岐JCT]⇒東海環状道⇒{美濃関JCT]⇒東海北陸道⇒[郡上八幡IC]

こちらから、より大きな地図で郡上八幡備前屋を表示できます。
郡上八幡は岐阜のほぼ中央。 清流流れる長良川の上流に位置する古い城下町です。
東海北陸自動車道、長良川鉄道が郡上八幡の入り口に「郡上八幡I.C」、「郡上 八幡駅」を備えるため、交通に非常に便利です。

本町、城下町プラザまで歩いてすぐ。
名所「宗祇水」、観光の拠り所「郡上八幡旧庁舎記念館(観光案内処)」も同じく徒歩で気軽にいけるところ。
夕涼みにあたりをそぞろ歩くのにも便利。
備前屋はこのあたりです。

ワンコインバス! 郡上八幡の観光にぴったり! ワンコイン一回100円で手軽に乗れるバスです。
城下町内から郡上八幡駅までルートがあるため、使い勝手が非常によい循環バスです。

まめバス路線図
http://www.rosenzu.com/brgi/brg322.html

郡上おどりのシーズンなどオンシーズンは混雑が予想されます。
また雪の季節はスタッドレスのご使用をお忘れなく。

木造の造りもさる事ながら、駅舎内の待合室、プラットフォームなど郷愁を感じさせます。ギャラリーもあり、当時の頃に活躍した機器などが飾られています。
無料駐車場、まめバスのりばもございますので、少し足を伸ばすのもおすすめいたします。

めいほうスキー場 (送迎なし/車で30分)
鷲ヶ岳スキー場 (送迎なし/車で35分)
ダイナランドスキー場 (送迎なし/車で50分)
ホワイトピアたかすスキー場 (送迎なし/車で60分)

郡上八幡 備前屋


お客様からよくいただくご質問をまとめました。
お問い合わせ頂く際、ご予約の際などお役立てください。

Q、備前屋はどのようなところですか?
A、郡上八幡でも最も古い老舗の料理旅館です。代々一期一会の気持ちを大事にお客様をお迎えしております。
郡上鮎・飛騨牛など地の味覚や旬の味わいを揃え四季の美味をお召し上がりいただけます。
Q、予約・問合せはどこからすればよいのですか?
A、お電話・Faxにてお問合せください。
Faxのお問合せにつきまして、なるべく早いご返答に努めておりますが、お時間をいただいてしまう場合がございます。
Q、チェックイン、チェックアウト時間を教えて下さい。
A、チェックイン:15:00~、チェックアウト:~10:00とさせていただいております。プランによって時間が変わる場合もございます。
Q、荷物の預かりしてもらえるのですか?
A、チェックイン後お預かりしております。 お預けのためチェックイン時間を早めたい場合など遠慮なくお問い合わせください。
Q、車で行きたいとおもいます。停められるでしょうか??
A、はい。無料の駐車場がございます。
Q、カードでのお支払いは可能ですか?
A、申し訳ありません。カードは取り扱っておりません。
Q、キャンセル料について教えてください。
A、キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。
連絡なしの不泊/不着:宿泊料金の100%
当日:宿泊料金の50%
Q、お風呂について教えてください。
A、大浴場と離れには家族風呂を設けております。
Q、宴会で利用したいのですが・・・?
A、承っております。美味を取り揃えて宴の一時をお楽しみいただけます。 ご予算等のご相談などお気軽にお問い合わせくださいませ。

Q、お食事はどのようなものがいただけますか?
A、地の物を中心とした和風会席料理でおもてなししております。 旬によって内容が異なりますが、一年を通じて様々な旬がございますのでお楽しみください。
Q、お食事はどこでいただけますか?
A、お食事は別室をご用意しております。
Q、食べ物アレルギーについて教えてください。
A、対応させて頂いております。ご予約・お問い合わせの際にお問い合わせくださいませ。

Q、周りにはどのようなものがありますか?
A、郡上八幡の城下町のほぼ中央に位置しております。歩いて足を伸ばせば城下町の佇まいを気軽にお楽しみいただけます。
Q、スキー場などありますか?
A、はい、あります。30~60分圏内にいくつものスキー場がございますため、スキーを楽しまれる方のご利用も多くあります。
・めいほうスキー場 車で30分
・鷲ヶ岳スキー場  車で35分
・ダイナランドスキー場 車で50分
・ホワイトピアたかすスキー場 車で60分
いずれも送迎はしておりませんのでご了承くださいませ。

Q、郡上おどりはだれでも参加できるのですか?
A、はい。どなたでも遠慮無くお気軽に参加していただけます。もっと上手に踊りたい!という方のためにも手軽に受けれる講習もありますので、ぜひ郡上おどりをお楽しみください。
Q、イベント中は混み合いますか?
A、混雑が予想されます。ご予定などゆとりを持っておかれることをおすすめします。

郡上八幡 備前屋


郡上踊り
「郡上のナァー八幡出てゆくときは、雨もふらぬに 袖しぼる」の歌詞に代表される郡上おどり。7月上旬から9月はじめの間、約30夜にわたって踊り続けられ、旧盆の4日間は、徹夜で踊り明かします。国重要無形民族文化財に指定され、全国三大民踊の一つに数えられています。

1月郡上本染め・鯉のぼり寒ざらし
2月あまご釣り解禁・城下町郡上八幡おひな祭り(4月まで)
3月千虎白山神社甘酒まつり
4月郡上八幡の桜・郡上八幡春の三社祭
5月城下町フェスティバル
6月鮎の友釣り解禁・市島ホタル祭り
7月郡上八幡七夕まつり・ゆかたフェスタ・郡上おどり発祥祭・宮が瀬のカンテラ・郡上八幡楽市楽座 夏の巻・毛付市・連句フェスタ宗祇水
8月城下町花火大会・郡上おどり徹夜おどり・宗祇水神祭
9月掛け踊り(嘉喜踊り、賀喜踊り)・長良川の鮎やな漁(10月中旬まで)・昔おどりの夕べ・郡上八幡楽市楽座・秋の収穫祭
10月高雄神社大歌舞伎・郡上八幡ふるさと祭り
11月郡上八幡城もみじ祭り・イノシシ猟解禁
12月安久田の南天市

郡上八幡 備前屋


郡上八幡 備前屋

郡上八幡 備前屋


郡上八幡 備前屋